真空包装機

真空包装機で経営を改善!
《人》と《時間》を有効活用して生産効率アップ!

季節ごとの食材の価格差による仕入れコストの増減、曜日や時間により大幅に変化する注文数に対応するための労働時間の偏り、それに伴う人件費の問題、調理を行う人間の違いによる味のバラつき、衛生管理の難しさを解決します。

レマコムの真空包装機 オイルレスタイプの特長

  • 計画的な調理で安定したサービス提供を可能に!
  • 販路の拡大と生産管理で売上向上!
  • 食材の廃棄ロスを大幅削減してコストカット!
  • 保存スペースを有効活用!液漏れや匂い移りを防ぎ衛生的!
  • 真空調理システムで調理の幅が広がる!
レマコムの真空包装機 オイルレスタイプの特長

計画的な調理で安定したサービス提供を可能に!

《人》と《時間》を有効活用して効率化を実現

付属品を変えるだけで2種の容量に対応可能!
一般に料理提供の1週間前(※)から仕込を開始できます。
ピーク時を避けての調理が可能なため、忙しい土日や祝日に集中しがちだった人員を計画的に配分することで時間や必要人数の合理化を図ることができます。

調理の手順は完全にマニュアル化され、提供時もあらかじめ調理されている物を温めるだけなので、不慣れな新人さんやパート・アルバイトさんにも仕事を任せることができます。
時間と温度を基準とした調理のマニュアル化は、同時にHACCPの概念に基づいた食品の衛生管理にも繋がります。
※仕込み開始が可能な期間は、保存が可能な期間に準じるため、食材により異なります。
人と時間を有効活用して生産効率アップ!

注文から料理提供までの時間を大幅に短縮!

事前に調理し、あとはほぼ温めるだけの状態で準備をしておくことで、料理提供時間を大幅に減らせるので、突然大量の注文が入っても、お客様をお待たせしません。お店の味を決めるシェフが不在でも、同じ味で安定的に提供できます。
注文から料理提供までの時間を大幅に短縮!

販路の拡大と生産管理で売上向上!

調理済み食材などを、新鮮なまま遠隔地に搬送可能!!

調理済み食材などを、新鮮なまま遠隔地に搬送可能!!
真空包装は食品を安全な状態で管理でき、品質を保持したままでの流通を可能にします。
お持ち帰り用料理の店頭販売はもちろんのこと、インターネットの通信販売で、地元だけでなく全国へ販路を広げることができ、お店の売り上げアップにつながります。

真空包装機は様々な場所で活躍中!

  • レストラン・ホテル・給食センター

    レストラン・ホテル・
    給食センター

    真空包装することにより、酸化・水分発散・菌の繁殖を抑制して食材の鮮度が長持ちするので、大量仕入れでコストダウンを図れます。また、忙しい日や時間を避けて仕込みを行い真空保存しておけば、少ない人手でも効率よく大人数のパーティにも対応できます!
  • 焼肉・ステーキ・食肉店

    焼肉・ステーキ・食肉店

    生肉の鮮度も真空パックなら長く保てますので、肉のロスが削減されます。例えば、余った肉の切れ端を真空包装機でパックして保存しておき、ある程度まとまったところでミンチにして、ハンバーグとして再利用!
  • お弁当・お惣菜屋

    お弁当・お惣菜屋

    客数の少ない時間帯に作ったお弁当の材料をそのまま真空包装機で真空パックしておけば、お昼どきなどの混み合う時間帯でも容易に対応できます。
  • 水産加工業・農業加工業

    水産加工業・農業加工業

    お刺身や寿司ネタ用の生魚を真空パックしておけば、酸化・乾燥による変色を防げます。また、粕漬けや西京漬けなどは、味噌と切り身を一緒に真空パックするだけで完成。
    しかも長期保存ができ、そのまま販売することもできます。
  • 食品加工工場

    食品加工工場

    鮮度を保ち、調理しやすく衛生的な形での納品が可能。作業の安全性の向上と効率化が可能。
  • 製茶・コーヒー・紅茶

    製茶・コーヒー・紅茶

    真空包装機で真空パックすれば、風味・香りなどを閉じ込め、変色も防ぎます。長期で保存する事も可能です。

食材の廃棄ロスを大幅削減してコストカット!

食品を劣化させる原因をカット!

食品を劣化させる原因をカット!
食品の劣化は、食品に含まれる油脂、ビタミン、色素、香気成分などが、
空気中の酸素と結合して酸化する事により起こります。
また、カビや酵素、害虫が生存するには酸素が必要です。

さらに、外気に触れる事により、食品に含まれる水分が蒸発し、乾燥してしまいます。
『真空包装機』は、食品に触れる酸素を遮断し、食品を劣化させる要素を取り除いて、
新鮮でできたての美味しさを、通常保存の約2〜3倍の長期間保つことができます。
また、冷凍保存との併用で保存可能期間はさらに長くできるので、安価で鮮度の高い時期に食材を一括で仕入れることで原価を削減、コスト削減にもつながります。

保存スペースを有効活用!液漏れや匂い移りを防ぎ衛生的!

真空包装は、内容品の充填された袋内の空気を抜き、真空にした状態で密封シールをします。
袋の中は空気が除去された状態なので、袋のフィルムは内容品に密着します。
これにより、食品の型崩れがしにくく、重ねての保管に対応できます。
また、液漏れや匂い移りの心配がないので、衛生的で、冷蔵・冷凍庫のスペースを有効活用することが可能です。
液漏れやにおい移りも心配なし

真空調理システムで調理の幅が広がる!

これまでの調理法では、季節ごとの食材の価格差による仕入れコストの増減、曜日や時間により大幅に変化する注文数に対応するための労働時間の偏り、それに伴う人件費の問題、調理を行う人間の違いによる味のバラつき、衛生管理の難しさなど、厨房経営上で様々な問題がありました。
これらの問題は、 真空包装の導入で厨房をシステム化することにより、合理的に解決できます!

真空調理システムのメリット

食品を劣化させる原因をカット!
● 仕入れコストの安定
● 食材の廃棄量の削減
● 調理時間と人員の合理化
● スピーディーな料理提供
● 衛生管理
● 料理の品質のバラつきを防止

真空調理システムで調理できるもの

  • 真空調理法

    真空調理法

    ・蒸し料理、卵料理、魚料理、力レー、スハゲティ、ピラフ、 グラタン、冷凍うどん
  • クックチル・クックフリーズ

    クックチル・クックフリーズ

    ・肉料理、各種煮物
    ・ムース、テリーヌ、ハンバーグ
    ・介護食 、病院食

調理方法の合理化に必要な機器

● スチームコンベクションオーブン ● ブラストチラー&ショックフリーザー ● 真空包装機 ● 湯煎式加熱調理機

真空調理法

真空調理法
生、又は下処理済みの食材を、調味液と一緒に真空包装機で真空パックし、そのまま科学的根拠に基づいた加熱調理温度と時間で湯煎又はスチームで低温加熱調理する方法を、真空調理法といい、煮る、蒸す、炒めるなどといった従来の調理法と並ぶ、新しい調理法と言われています。
加熱は素材の適性に応じて58℃から95℃の温度帯で行い、菌の繁殖しにくい温度まで急速冷却(90分以内に3℃以下)した後、チルド又は冷凍保存することで、品質の劣化を最小限に抑えながら、長期保存が可能になります。

真空調理法のメリット

  • 栄養価が高く、美味しい料理の提供が可能

    栄養価が高く、
    美味しい料理の提供が可能

    食材と調味液を一緒に真空包装機で真空パックすることで、真空包装時に脱気される食材内の空気の代わりに調味液が浸透し、味がよくしみ込みます。
    また、低温加熱をするので、歩留まり、栄養素の残存率が従来の調理法より向上し、美味しく栄養価の高い料理を作ることができます。
  • 栄養価が高く、美味しい料理の提供が可能

    調理のマニュアル化により
    品質のバラつきを防止

    科学的根拠に基づいて時間や温度を管理して調理を行うため、誰が調理を行っても品質に差が生じにくく、また、計画的に調理を行えるので、廃棄などのロスを軽減する事もできます。

クックチル・クックフリーズ

クックチルとは加熱調理(cook:クック)した食品を、ブラストチラーや氷水チラーなどで菌の繁殖しにくい温度まで急速冷却(90分以内に3℃以下)し、チルド状態(0℃から3℃/chilled:チル)で保存するという意味です。
クックフリーズは、クックチルの急速冷却の過程で、20分以内に食品の中心温度が0℃から-5℃を通過する温度まで急速冷凍し、-18℃以下で冷凍保存(freeze:フリーズ)します。

クックチルもクックフリーズも、保存した食品を必要に応じて再加熱して提供できる状態にする調理システムです。チルド保存、冷凍保存の際に真空包装機で真空包装を行えば、水分の蒸発による乾燥を防いだり、袋のまま再加熱ができ、クックチル・クックフリーズの利点を更に活かすことができます。
クックチル・クックフリーズ

クックチル・クックフリーズのメリット

  • 食材の廃棄量の削減

    食材の廃棄量の削減

    計画的な料理の生産が可能なので、食材の廃棄量を減少させることが出来ます。
  • 料理の品質のバラつきを防止

    料理の品質のバラつきを防止

    1ヶ所で調理を行い、複数の場所に温度管理をしながら配送。
    決められた温度や時間で再加熱を行うことで、同じチェーン店の各店舗で料理の味がバラつくという現象を防げます。
  • 調理時間と人員の合理化が図れる

    調理時間と人員の合理化が図れる

    ピーク時を避けての調理が可能なため、忙しい土日や祝日に集中しがちだった人員を計画的に配分することで時間や必要人数の合理化を図ることができます。
    また、再加熱の時間と温度をマニュアル化することにより、熟練した調理人の数が少なくて済み、パートやアルバイトの活用が容易になります。
  • スピーディーな料理提供が可能

    スピーディーな料理提供が可能

    事前の作り置きが可能なので、ピーク時でもスムーズに料理を提供する事ができます。
    時間と温度を基準とした調理のマニュアル化は、同時にHACCPの概念に基づいた食品の衛生管理にも繋がります。

各パーツについて

  • おでんなどの水気の多い食材も包装可能

    おでんなどの
    水気の多い食材も包装可能

    前方の脚は高さ調節が可能なアジャスター付。傾斜をつけることで、水気の多い食材も真空する時に流れ出さない親切設計。
    お惣菜屋さんの煮物やカレー、シチュー、オリジナルのソースなども真空包装することができます。
  • 簡単操作で使いやすさ抜群!

    簡単操作で使いやすさ抜群!

    デジタルパネルはシンプルで見やすく、操作が簡単。包装する食材や使用する袋に合わせ、真空時間、シール時間の設定を容易に行うことができます。電源ボタンを押すと自動でフタが開き、スタートボタンで閉じるので、真空包装は3ステップで行うことができます。
    終了するとカバーは自動で開きます。
  • 真空度が一目で分かる真空達成メモリ付

    真空度が一目で分かる
    真空達成メモリ付

    一目で分かる真空達成目盛付き。
    スタートボタンを押すだけで真空パックができるオートマチックタイプ。
  • 真空室は清掃しやすいステンレス製・ラウンドコーナー

    真空室は清掃しやすい
    ステンレス製・ラウンドコーナー

    真空室はさびにくく丈夫なステンレス製。
    角の部分は丸みがあり、清掃しやすいラウンドコーナーなので、庫内清掃時の煩わしさがなく、いつでも清潔に保つことができます。
  • 真空室内が見やすい透明なフタ

    真空室内が見やすい透明なフタ

    真空室のフタは透明で中の様子がよく見え、真空の状態を容易に確認することができます。
  • オイル交換不要

    オイル交換不要

    真空ポンプは、面倒なオイル交換が不要。交換用オイル購入のコストがかかりません。

055-984-3600

メールでお問い合わせ